レース&イベントレポート

2007年 D1グランプリ第4戦

2007年6月9日(土)・10日(日) 宮城県 スポーツランドSUGO

D1グランプリ第4戦_スポーツランドSUGO
2007年のD1グランプリ第4戦は、宮城県 スポーツランドSUGOでの開催です。

予選・決勝日共に、不安定な天候で、路面もドライとウェットが目まぐるしく移り変わる荒れた環境となりました。

D1グランプリ第4戦_テントブース 不安定な天候の中、多くのお客様が来場され、D1グランプリの人気の高さを感じます。
また、D1グランプリは、休憩時間やピットウォークの時間が長く設定されているため、ゆっくりとテントブースでのショッピングやイベントを楽しむことができます。

今村選手ですが、前回の鈴鹿大会で3位に入賞で、シリーズランキングが8位となったために、今村選手はトップ10内のシード枠に入ることになり、予選が免除されました。

D1グランプリ第4戦_ORC Z33
2007年度仕様のORC VQ Z33です。

セッティングはかなり熟成され、今回のような路面の変化にも、サスペンションのセッティングいじることなく、タイヤの空気圧の調整で対応できる程です。

しかし、常にベストの状態で走れるよう、ピットでは常に細かい調整とメンテナンスが行われています。

D1グランプリ第4戦_今村陽一選手
決勝日の朝の今村 陽一選手です。

今シーズン初のシード枠入りに余裕が感じられます。
チーム全体にも程良い緊張感と、セッティングが出てきたことによる余裕が出てきました。

D1グランプリ第4戦_バトルギア4 Tunedブース タイトー&バトルギア4 Tunedブースが設営され、雨が降っても、いつものように大人気でした。

どのD1グランプリ会場でも、常にお子様の人気の的はバトルギア4 Tunedです。

6速マニュアルを使いこなし、大人顔負けのドライビングテクニックを見せたり、シートを一番前に出して、ステアリングにしがみつきながら、直線1本道の「超初級B」コースをアクセル全開で駆け抜けたりしています。

D1グランプリ第4戦_スポーツランドSUGO 単走1回戦では、鈴鹿大会に引き続き見事100点を出して、無事に追走トーナメントに進むことができました。

続く追走トーナメント1回戦での対戦相手は、昨年度チャンピオンの熊久保 信重選手となりました。
ここで、1本目の今村選手先行で、熊久保選手のビタビタの追走にアドバンテージを奪われ、2本目の後追いで、その差を挽回することができず、残念ながら、ベスト16止まりとなりました。

※Photo : Susumu Komiyama・eS-eS FILMS

D1グランプリ第4戦_スポーツランドSUGO 最終順位は10位で、単走100点で得た1ポイントと合わせて、トータル21ポイントとなり、シリーズランキングでは7位と、1つ順位を上げることができました。
大会終了後「俺の中に火が点きました。次はリベンジします、期待していてください!」と、今村選手はコメントしてくれました。

次回のD1グランプリは、8月25日、26日のエビスサーキット大会になります。
ORC with TOP SECRETと今村陽一選手へのご声援をよろしくお願いします。

※Photo : Susumu Komiyama・eS-eS FILMS